アーロン・トヴェイト身長や性格と彼女は?レミゼラブルでの歌唱力がすごい!

何度も見ても自然と目から涙が流れる映画レミゼラブルエディ・レッドメインが演じるマリウスと世の中を良くしようとする学生革命軍のアンジョルラス役アーロン・トヴェイト2013年のアカデミー賞での特別パフォーマンスにも出演しハリウッドスターが見つめるステージ上で披露した歌声は、映画と同じで素晴らしいパフォーマンスだったことは、記憶に新しいです。今回は、アーロン・トヴェイトの身長と年齢や生い立ちについてといっしょに彼女や歌唱力についてご紹介します。

アーロン・トヴェイトの身長や年齢と性格や生い立ちについて

引用:https://matome.naver.jp/odai/2136176052694642801/2136177602598562103

アメリカ・ニューヨーク州オレンジ郡1983年10月21日 生まれ現在34歳アーロン・トヴェイトの身長は、183cmと高身長です。

テレビドラマにも出演し映画俳優であり、舞台俳優でもあり歌手?のアーロン・トヴェイトが、演技と歌唱力を披露した映画レミゼラブルに出演するまでの経緯をみていきましょう!

2001年ミドルタウン(ニューヨーク州オレンジ郡)・ハイスクールを卒業しイサカ大学声楽専攻で入学しますが2年目からミュージカル専攻に変更して在学中からミュージカルRENT(レント)の2004年ナショナルツアーに参加しました。

2006年にミュージカルヘアスプレーでブロードウェイにデビューをして2008年ネクスト・トゥ・ノーマルでオリジナルキャストゲイブ役で脚光を浴びます。

2011年スティーヴン・スピルバーグ監督の映画をミュージカル化したキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンで主演を演じ、2012年に映画レミゼラブルアンジョルラス役で出演しました。

性格についての情報がなく不明でしたので私の想像ですが、10代のころからコツコツと舞台俳優として実績を重ねるところから、まじめで努力家なのではないかと思います。

アーロン・トヴェイトの現在の彼女や過去の恋人は?結婚はしているの?twitterとブログについて

引用:http://under-cntl.jugem.jp/?eid=432

アーロン・トヴェイトの過去の恋人や現在、彼女はいるのかについてしらべましたが、不思議なことに色恋の噂がなく、ガードが固いのか、プライベートについてはなかなか明かさないタイプなのかもしれません。

twitterは、2015年8月に登録されたアカウント 「Aaron Tveit」で一般に公開されています。フォロワー数が約98000で私が見たときの最終ツイートが7月9日でした。同じ日に何度もツイートやリツートをしているようです。あまり画像をアップするのではなく文章が多いのかなという印象を受けました。

アーロン・トヴェイト自身が開設しているブログは、みつかりませんでしたが、ファンの方々のアーロン・トヴェイトについてのブログがたくさんありました。中には、ファンサイトもあり日本でも大人気の俳優だということがわかりますね。

アーロン・トヴェイトがレミゼラブルで魅せた歌唱力!歌のcdを発売中?

歌唱力については、映画レミゼラブルを見た方でしたらお分かりですね?さすが!舞台俳優として長年培ってきただけあってお見事でした。

私は、2013年アカデミー賞でのレミゼラブルの特別パフォーマンスが忘れられません。

ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマンが高音をきれいな声で歌いはじめ次にアン・ハサウェイがまざり次々と主要キャラクターが歌にまざり中盤ぐらいに胸に赤いチーフをつけたアンジョルラス役のアーロン・トヴェイトが入り堂々と歌声を披露しました。

引用:http://sansyudo.exblog.jp/

最後にジャベール役のラッセル・クロウが、すごい声量で歌い大合唱のパフォーマンスは、ホントに素晴らしかったです。

引用:https://www.amazon.co.jp/Radio-My-Head-Live-54-Below/dp/B00CDB2T1C

アーロン・トヴェイトは、cdも発売していてアルバム名は「The Radio in My Head: Live at 54 Below」です。アルバムには、2014年5月のブロードウェイの老舗ナイトクラブ54Belowでのライブを収録した楽曲23曲が収録されています。

アーロン・トヴェイの出演作品一覧!ゴシップガール、アグリー・ベティ、グレイスランドについて

引用:http://www.superdramatv.com/line/gossipgirl/features/wallpaper/

【ゴシップガール】
内容は、名門私立学校に通う高校生を中心に描いた恋愛群像劇で2007年から放送が開始され2012年までに全6シーズンが放送され121話が最終回のテレビドラマです。

アーロン・トヴェイトは、ネイトのいとこでトリップ・ヴァンダービルト役で全部で10話に出演しました。トリップは政治家で、結婚しているのにも関わらず、セリーナと不倫関係になります。アーロンもイケメンですし彼女のセリーナも美人なので美男美女カップルでした♪

引用:http://video.unext.jp/title/SID0019004

【アグリー・ベティ】
直訳すると「醜いベティ」という意味で主人公のベティが見た目を重要視するファッション業界に飛び込んだ彼女がさまざまな偏見に立ち向かい、持ち前の性格で乗り越えていくサクセス・ストーリーです。2006年から放送が開始され2010年までに全4シーズンを放送したテレビドラマです。

アーロン・トヴェイトは、ザッカリー・ブール役でゲスト出演しました。

引用:http://ameblo.jp/hana-blog2008/theme5-10007729945.html

【西海岸捜査ファイル グレイスランド】
アーロン・トヴェイトは、主演のマイク・ウォーレン役(FBIの養成所を首席で卒業した新人捜査官)です。2013年6月からアメリカで放送が開始されているテレビドラマで2014年第2シーズン2015年第3シーズンが放送開始されました。

日本ではDlifeでシーズン1が2014年1月1日に先行放送され、本放送は1月10日から開始されました。シーズン3が7月に間もなく放送になります。

アーロン・トヴェイト出演のTVミュージカル「グリース」のインタビューの内容と来日したかについて

引用:http://www.cuemovie.com/column/grease-live-highlight/

ミュージカル映画の「グリース」といえば、ジョン・トラヴォルタですよね?アメリカFOX局で2016年1月31日に生放送されたTVミュージカル「グリース」にアーロン・トヴェイトが主役のダニー・ズーコを演じました。

グリースの舞台は、1950年代のアメリカ。夏休みに出会い恋に落ちたダニー(アーロン・トヴェイト)サンディ(ジュリアン・ハフ )が、その後サンディの父親の転勤で同じ高校で再会するというストーリーです。

放送前に主役の2人に生放送ミュージカルに出演することについてインタビューが行われました。

ジュリアンは「緊張することこそが、わたしたち俳優陣がライブ好きになる一つの要素だと思う。ある意味、飛行機からスカイダイビングするのと同様にアドレナリンが出てくる感じね。足がすくむような緊張感ではなくて、緊張感が演技をより良くすると思う。

そのためライブに観客が居ることほど、俳優にとって好ましいことはないはず。ただ、セットや衣装をどんどん変えていかなければいけないのは、くじけそうになるほど大変だと思う。でもわたしたちは、楽しみながら演じるつもりよ」と答えました。

アーロンは「今作は、映画の脚本とかなり似ている。ただサントラに含まれているが、映画には含まれない楽曲『フレディ・マイ・ラヴ』や、舞台版のミュージカルナンバー『ゾーズ・マジック・チェンジズ』が、舞台の演出そのまま今作で使われている。

さらに、映画版でキャラクターの間で暗示されていた部分が、今作では会話として明確になっているし、ダニーと出会ってからのサンディの変化も明らかだ」と答えました。

TVの生放送というだけで緊張しますよね?そのうえミュージカルですから演技をして歌もうたうんですからすごいです!日本では、生放送で緊張するといえば紅白ですね。

アーロン・トヴェイトが、来日したいう記事や情報がなかったのでまだ公式には、来日していないようですね。日本のファンの夢がかなっていつの日か来日する日を楽しみにしたいです。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です