クラークグレッグ【コールソン役】身長や年齢、来日イベント、toxicについて!

映画『アベンジャーズ』で一度は死んだものの、『エージェントオブシールド』で見事に復活!特命チームを結成し、個性豊かな仲間たちを引きつれ活躍するフィル・コールソン役を演じるのはクラークグレッグ。ドラマの中ではチームのリーダーとしてその能力をフルに発揮し、とある「好きな海外ドラマのキャラクター」調査では第2位にランキングをされるほど人気者のコールソン。そんな役を演じるクラークグレッグとは一体、どんな人物なのでしょうか?ここでは彼の知られざるを一面を色々とご紹介したいと思います。『エージェントオブシールド』ファンの方はもちろん、そうでない方もぜひチェックしてみて下さいね! きっとクラークグレッグのことが大好きになりますから!

クラークグレッグの年齢や生い立ち、身長や性格は?

引用:https://netdvd.jp/matome/165

生年月日は1962年の4月2日で、現在は54歳。
マサチューセッツ州ボストンの生まれで、身長は175㎝です。
お父さんは米国聖公会の聖職者です。

過去には、警備員やレストランの駐車場など様々な仕事に就いた経験があるそうですが、それを知って納得です。彼の個性あふれる演技というか、演技の幅、引き出しの多さはこうした過去の経験があってのことなんですね。

クラークグレッグのスゴイところは俳優だけじゃなく、脚本や監督も担当するところです。
映画『ホワット・ライズ・ビニース』では脚本を執筆し、映画『セックス・クラブ』では脚本と監督を担当。その活躍はとどまるところを知りません。

こう書くといかにも知性派といった感じですが、実はブラジリアン柔術の黒帯を持ってるんですよ!黒帯なんてそうそうなれるもんじゃありませんから、きっと芯の強い男性なんでしょうね。

でも、性格はとてもフレンドリーなんです。詳しくはあとで書きますが、来日した時に行われたファンイベントではとても気さくにファンと接し、心優しい面がたくさん見れました。

クラークグレッグって結婚してるの?妻と子供は?画像あり

引用:https://netdvd.jp/matome/165

海外ドラマファンから絶大な支持を受けるコールソン役を演じるクラークグレッグもひとたび家に帰れば、どこにでもいる普通のお父さんです。

2001年の6月に女優のジェニファー・グレイと結婚した彼にはステラちゃんという娘さんがいるのですが、その娘さんとの間に、実に心温まるエピソードがあるんです。
クラークグレッグはいつも娘さんと一緒に『エージェントオブシールド』を観ているそうなんですが、コールソンがピンチになると娘さんが彼のそばに寄ってくるそうなんです。

お父さんの身を心配してのことなんですが、そばに寄ってきた娘さんをクラークグレッグはハグしてやるそうなんです。
娘さんが大きくなるにつれ、ハグする機会はどんどん減っているそうなんですが、それでもコールソンがピンチになるとハグが出来るから、彼にとっては貴重な時間ですよね。

今後、ドラマを観ていて「やけにコールソンがピンチになるな」と思ったらその時は娘さんとハグしたさにクラークグレッグが脚本家に「ピンチにしてくれ」と頼んだからかもしれませんよ。

→エージェントオブシールドのボビー役エイドリアンヌ・パリッキの身長やスリーサイズ、彼氏や結婚は?画像ありwiki風まとめ

エージェントオブシールドのハンター役ニックブラッドの身長や年齢、彼女と結婚は?画像あり

エージェントオブシールドのスカイ/デイジー役クロエベネットの身長年齢や結婚、出演作品や壁紙について

エージェントオブシールドのウォード役ブレットダルトンの身長、恋人や結婚は?





クラークグレッグの来日イベント&ファンイベントは?インスタやツイッターでの評判は?

引用:http://www.tvgroove.com/special/article/ctg/340/tid/1144.html

2016年12月26日には東京都内で待ちに待ったファンイベントが行われました。
かねてより「日本好き」、「日本食好き」を公言していたクラークグレッグも実はこれが初来日。

イベントが行われたのは、日本到着後2日目だったのですが、既に銀座の街を散策していたようで「美味しい天ぷらを食べた」と満面の笑みで話していました。

イベントでは『エージェントオブシールド』制作に関する裏話なども聞かれました。
彼は自分自身がコールソンに似てきたと感じていて、自分とコールソンの境界線が曖昧になってきたと告白したんです。

そのため、脚本家も普段のクラークグレッグの行動などを脚本に取り入れたりしているそうなんです!

参加したファンはみんな興味深そうに聞いていたのですが、驚いたのはこの後です。
「ロスに戻ったら脚本家に東京でのエピソードを作ってもらうようにお願いしてみるよ」
そう言ったんです!

これには会場も大盛り上がりで、みんなますますクラークグレッグのことが好きになっちゃいました!

実際、ファンイベントに参加した人たちはみんな大満足の様子で、その後のインスタやツイッターには喜びの声がたくさんあがってました。
日本が好きという彼の気持ちが、その一つ一つの言動からよく伝わってきて、本当にいいファンイベントでした。

クラークグレッグが見せた最高のパフォーマンス『toxic』!

引用:https://twitter.com/haru_zk/status/722316644446375937

俳優、脚本家、監督として才能を発揮し、ファンを大切にするクラークグレッグ。
しかし、そんな彼にも実にオチャメな一面があるんです!
アメリカでやっている『リップシンクバトル』という番組はご存知でしょうか?

これは2人のスターが対決形式で音楽に合わせ、口パクでバトルを行うという番組なのですが、そこでクラークグレッグはなんとブリトニースピアーズのtoxicをやってのけたのです!
しかも、女装で!

それだけでもすごいのですが、クラークグレッグのダンスがまあキレッキレなこと! 最初、観たときは唖然としました。

でも、何度も観ているうちにツボに入ってしまい、すっかりヘビロテ。中毒になってしまいました。でも、これを観て思ったのは、クラークグレッグという人は本当のエンターテイナーなんだなということです。

俳優として活動するのも、脚本や監督として作品を作るのも、イベントでファンを大切にするのも、すべては人々を楽しませるためなんだなと。

次は一体、どんな風に楽しませてくれるんでしょうね?今から次の活躍が楽しみです!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です