ゴラン・ヴィシュニックがかっこいい!現在の活動は?身長や年齢/妻は美人?ドラマERで大ブレイク!

日本でも大ヒットした医療系海外ドラマ「ER 緊急救急室」で、クロアチア人の医師ルカ・コバッチュを演じるゴラン・ヴィシュニック。彼のまるで映画のような役者人生をまとめてみました!!きになる現在の活動や、身長、年齢、結婚した妻についてなどお届けします♬

ゴラン・ヴィシュニックってどんな俳優?身長や年齢、性格は?ゴランの現在も知りたい!

引用:instagram

ゴラン・ヴィシュニック(Goran Visnjic)は、ユーゴスラビア、クロアチア・シベニク出身の俳優です。1972年9月9日生まれの45歳で、身長は193cm、体重は90kgです。

ゴランのニックネームはSimeと言い、シーメ(SHIH-meh)と発音します。 これは演劇アカデミーにいる間、彼の友人、俳優のササ・ブネタによって与えられました。

クロアチア語とセルビア語の両方から派生した “visnja”はチェリーを意味します。 なので、ゴランの姓ヴィシュニック(Visnjic)は 、「チェリー」という意味合いを持ちます。

父親はザルコ・ヴィシュニック( Zeljko Visnjic)でバスの運転手です。母親のミルカ(Milka)は、フードマーッケトで働く職員です。

兄がひとりいて、ジョスコ・ヴィシュニック(Josko Visnjic)といい、セールスマンをしています。

現在はアメリカに永住権を持ち、妻エヴァと3人の子供とカルフォルニアに住んでいます。

ハリウッドに限らずクロアチアでも俳優活動を続けており、妻の父親が監督を務めた、クロアチアの英雄アンテ・ゴトヴィナ退役将軍の活躍を描いた映画で、ゴトヴィナ役を演じたりなど活躍をしています。

ゴランは、子供の頃から役者を目指し、その才能を発揮させてきました。

しかし、その役者人生には、大きくて重たい歴史と混乱がつきまとい、決して平坦な道のりではありませんでした。

ゴランのスクリーンデビューは、16歳の時でした。

それは、セルビア・クロアチア紛争によって引き裂かれた兄弟が、ひとりはセルビア人として生きること選び、

もう一人はクロアチア人として生きるというドラマを描いた作品ブラカポ・マテリ(Bracapo materi)で、ゴランはテロリストの役で出演をしました。

このドラマはのちに実際に起こるクロアチア紛争を予言しているかのようですね。

その2年後、高校生でありながら18歳でユーゴスラビア人民軍(Yugoslav People’s Army)に1年間入隊したゴランは、落下傘兵として訓練を受けた後、戦線に立ちました。

「もう銃は手に取らない」と自分に誓ったゴランでしたが、その後シベニクに戻り、クロアチアの独立とクロアチア人とセルビア人の民族対立、

いわゆるクロアチア紛争に参加するためクロアチア軍に入隊します。

この時、彼の強い望みが叶ったのか、戦闘の義務はなかったといいます。

その後ゴランは、軍に所属したまま、21歳の時にシェークスピアのハムレット役を手に入れます。それは劇場史上、最年少という異例の抜擢でした。

演技のセンスが際立っていたゴランは、1993年から2000年までハムレット役を演じました。

引用:instagram

193㎝のゴランは、その高身長と演技力で、舞台ではかなりの存在感を見せつけ、国際的に認知されているクロアチアのトゥブロクニク・サマー・フェスティバルでオーランド賞(トニー賞に値する)を獲得しました。

そこで高い評価を得たゴランは、クロアチア内外からも注目をされるようになったのです。

そんな才能溢れるゴランは、クロアチアのザグレブにあり、地域の中でも高い文化レベルの劇場などで知られる演劇アカデミーから入学の許可を勝ち取ります。

しかし、入学するには軍を抜けなければならず、ゴランの兄、ジョスコが自ら進んで彼の代わりに入隊し、ゴランは除隊を認められました。

兄の助けによって、ゴランはザクレブ・演劇アカデミーで本格的に演技を学ぶことができたのです。ゴランとお兄さんの深い家族愛、兄弟の絆の強さを感じますね。

ザグレブの演劇アカデミーで演技を学んだゴランは、1997年、ハリウッドに渡り、マイケル・ウィンターボトムの「ウエルカム・トゥ・サラエボ(原題:Welcome to Sarajevo」のリスト役として登場します。

この作品が、ゴラン初の英語作品デビューとなりました。

また、同じ年、ミミ・レダー監督、ジョージ・クルーニー主演の「ピースメーカー(原題:The Peacemaker)」にも出演しました。

そして、1998年、マドンナのミュージックビデオ「the power of good-bye」にマドンナの恋人役で出演します。

黒髪の妖艶なマドンナとチェスを打つゴランは、とてもセクシーで、マドンナを見つめるまなざしが印象的でした。

このミュージックビデオが世間の目にとまり話題となり、その後、あの国民的絶大な支持を誇った医療ドラマ「ER」でルカ・コバッチェとしてのレギュラーを獲得するのです。

その後、映画「ドラゴンタトゥーの女」やドラマ「パン・ナム・」に出演した後、最近では、2016年に放送を開始したアメリカのタイムトラベルSFドラマ「タイムレス(TIMELESS)」で、

引用:instagram

妻子を殺され復讐を誓う悪役、ガルシア・フリンとして、シーズン2の撮影真っ最中です。(2018年11月現在)

ゴランは妻エヴァとともに熱心な動物愛護活動家としても知られています。

2005年2月号のIn Style誌の「Goran Visnjic Dr. Do Good」という全面的な記事で、彼は野生生物を救うためのIFAW(国際動物福祉基金)の努力とその協力を発表しました。

鯨や毛皮を保護するための組織の取り組みの広報担当者になることで、環境を保護する活動です。

現在は動物福祉国際基金とクロアチア動物園の代表者であり、南カリフォルニアのいくつかの動物救助機関に支援を提供しています。

また、クロアチアでは、金銭や設備の寄付を通じて、多くの医療機関を支援しています。

ゴランは、クロアチアの島、フヴァル島に家とボートを所持しており、クロアチアに帰ったときは、ここで家族と過ごしているようです。

過去にインタビューで、

「僕はクロアチアの海で暮らすことを諦めることはできないんだ、何故なら僕の遺伝子の中に組み込まれているからね」( New York Post、1997年11月25日)

と語ったゴランですが、夢を叶えていますね!

2018年11月7日のクロアチアのニュース記事でゴランは、「自由時間のあらゆる瞬間を家で過ごすために、定期的に帰宅しているんだよ」と話していました。

アドリア海で送るバケーションについて、ゴランは、「アドリア海の島で過ごす休みは平和そのものだよ。

唯一の問題は、サッカーの試合を観る時間を見つけなければならないということかな」などとジョークを飛ばしています。

なんて優雅な休暇でしょうか、羨ましすぎますね。

そんなゴランの性格ですが、正義感溢れる優しい性格なのではないでしょうか?

家庭を大切にしたり、動物を愛護したりと、様々なものとのつながりを大切にする性格なのだと思います!

ゴラン・ヴィシュニックの妻となった女性は美人?どんな結婚生活を送っているの?ゴランのプライベートが知りたい!

引用:instagram

私生活では、同じくクロアチア生まれ、ザグレブ・アカデミー出身のセルビア系クロアチア人の俳優で、

「M:I-2」(2000)や「アイズ・ワイド・シャット」(1999)などに出演していたラデ・セルベッジアの娘、ルーシアと1993年より交際していましたが、1997年に破局しました。

その後、1999年8月にクロアチアの名映画監督で大きな権力を持つといわれるアントン・ヴルドリャク(Antun Vrdoljak)の娘で、彫刻家のイヴァナ(のちのエヴァ)と結婚しました。

この義理の父となるアントンも、ザグレブ・アカデミーの出身者です。

イヴァナとの出会いを聞かれたとき、ゴランは「これはとても単純な話になるんだけど、彼女とは一晩中同じバーにいたんだ。

彼女のことをかわいいと思ったよ。僕はきっと彼女と結婚すると思ったよ。

まあ実際はそんなに早い話ではなかったけどね。僕は詳しいことをあまり話したくないけど、僕が彼女をとても愛している事だけは言っておくね」と答えました。

なんともロマンチックで叙情的な愛ですね。

ゴランとイヴァナは、2007年4月に男の子を養子に迎えました。

彼は、イヴァナの父親と同じ町で生まれた有名な詩人ティン・ウェビッチ(Tin Ujevic)にちなんで、ティン・ヴィシュニックと名づけられました。

ティンはクロアチアでは一般的な名前なんだそうです。

引用:instagram

ティンの母親は貧しく若い学生で、出産時にはイヴァナも立ち会ってへその緒を切りました。「このうえなく素晴らしい体験だった」とイヴァナは語っています。

ゴランとイヴァナは、いつか子供を持つことを考えていたので、ハリウッドヒルズに家を購入していました。

のちに450万ドルで売りに出されるこの家は、1937年に建てられたヴィンテージヴィラで、ふたりが生まれ育った地中海を思い出させる造りになっており、

さらにイヴァナが1年以上かけて改装してより住みやすくなっていきました。

ゴランとイヴァナは子供について考え始めたとき、養子縁組について話し合ってきました。

周りには人工授精に全てを費やしてきたカップルもいましたが、代理母を求めている人は、養子縁組について考えないことが多く、ふたりは疑問に思っていました。

それは、クロアチアで捨てられ、放棄された子供たちを見てきたからでした。ゴランとイヴァナは、LAに少なくとも10人の赤ちゃんを連れてきたいと思っているくらいでした。

しかしそれにはクロアチアで少なくとも2年間一緒に子供と過ごさねばならず、断念していました。

そんなゴランとイヴァナでしたが、2011年7月に代理母を通して息子が誕生、ヴィーゴ(vigo)と名づけられました。出産のときは帝王切開で大変だったようです。

引用:instagram

さらに2013年7月には、2009年8月12日に誕生したビビアン・ソフィア(Vivien Sofia)も養子として迎え入れています。

また、2007年3月21日に、クロアチアで生まれたラナ・ルルド(Lana Lourdes Rupic)という名前の娘もおり、認知しています。

ラナの母親ミレラ・ルピックとゴランは、クロアチアで子供時代を一緒に過ごしてきた仲でした。ゴランはクロアチア滞在中の2006年にミラレと一晩だけ関係を持ちました。

その後、娘を授かったとミレラに告げられ、出産後しばらくは毎月1000ドルの養育費を支払っていました。

しかし、その支払いが滞り、ミレラはゴランに養育費と血液検査を求め、マスコミに大々的に取り上げられました。

この騒ぎはミレラがイヴァナに宛てた侮辱的なメッセージによってさらに大きくなります。

ゴランは妻イヴァナが受け取ったそのメッセージに怒りを露わにしましたが、その後、娘ラナを検査をすることなく正式に認知し、

月に1500ドルの養育費と、月に一回の訪問を約束したそうです。

ゴランとイヴァナは、2013年5月23日のロサンゼルスでの帰化式に、米国市民となる約1万人と参加しました。

同時にイヴァナは、正式に彼女の名前を「エヴァ」(EVA)に変更しました。

ゴランは飲酒も喫煙もせず、キヌアや、ビーガンインド料理、その他の健康食品を食べ、運動するために毎朝7時前には起きるそうです。

多くのセレブがそうであるように、かなり健康に気を使っているのがわかりますね。

引用:instagram

また、ゴランと彼の妻エヴァは動物を保護するために数多くの組織に積極的に参加しています。

ゴランはPeAT(People for the Ethical Treatment of Animals:動物の倫理的扱いを求める人々の会)と

IFAW(International Fund for Animal Welfare:国際動物愛護基金)のメンバーであり、毛皮の使用禁止と動物保護のためのいくつかのキャンペーンに関わっています。

ゴランは、動物保護に関わる問題は、すべての政治や社会の壁を超えると考えているそうです。

また彼は、AFC(Animal Friends Croatia)のメンバーでもあり、東ヨーロッパで初めてのアンチ・ファー・キャンペーンを開始しました。

2003年1月に飼い始めた犬のBugsyと、PeATのアンチ・ファーを掲げたキャンペーンに出演したとき、

「あなたの犬を着ないなら、どうか毛皮も着ないでください(「If you wouldn’t wear you dog… …Please don’t wear any fur)」という広告で訴えました。

IFAWとのゴランの研究は、主に野生動物の保護が中心で、最近では白熊の保護にも取り組んでいます。

ゴランと妻エヴァは定期的にクロアチアを訪問し、動物保護区の創設を手伝っています。

ゴラン・ヴィシュニックのインスタグラムは?どんな画像や情報を発信しているか気になる!

引用:instagram

ゴラン・ヴィシュニックのinstagramは、2018年11月現在で、フォロワー数は57.6千人です。使われている言語は、英語です。

公開されているアカウントとは別に、非公開のアカウントもあります。

instagramでは主に、自撮りや撮影風景や共演者たちとのショットが数多く見られます。

撮影中のタイムレスの現場写真では、付け髭をつけたゴランが「髭を見て!」とお茶目な一言とともにアップされています。

タイムレス撮影の合間の写真がたくさんアップされていますので、タイムレスファンにはたまらないですね!

しばらく自分の顔をアップしていないことに気が付くと、「ゴラン!書いてばかりじゃなく写真も上げるんだ」と自分を叱咤激励する日もありました。

また、一緒に暮らしている犬や猫たちもよくアップされています。
一体何匹のペットたちと暮らしているのでしょうか。

引用:instagram

ファンの間でも名前が知られている猫の「ビクター」、ボウルに入った猫の「ジョージア」、紹介されるのはかなりレアらしい黒猫の「ベラ」などの猫勢と、いつもゴランの近くにいる「バグシー」、

かわいらしい口がちょっと開いちゃう「lefty the clefty(左利きの意)」など犬たちと、そして元気な子供たちの姿が見れます。

またレーシングスーツに身を包んでクールに決めているゴランも見ることができます。

時々、風景写真をアップしているのですが、とても美しいものが多いです。
ゴランの故郷であるシベニクの夜景など、思わずはっと息をのむほどです。

絵文字をよく使います。
また、「ハッピーな金曜日を!」のように、よく曜日を最後に入れます。

きっとゴランからファンたちへ、ハッピーのおすわけなんでしょうね。

ゴラン・ヴィシュニックの出演している映画やドラマが知りたい!人気ドラマ「ER」で演じたルカ・コバッチェってどんな役?マドンナが彼を起用した理由は?

引用:instagram

ゴラン・ヴィシュニックはどのような作品に出演してきたのでしょうか。
デビューの「ブラカポ・マテリ」から辿っていくと、このようになります。

・ 1988年 映画 Bracapo materi テロリスト役
・1993年 短編映画 パラノイア
・ 1994年 TVドラマ ミケーレ・バ・アレア・ゲラ 兵士役
・ 1995年 TV映画 Vidimo se マーカス役
・ 1995年 映画 テロリスト・ゲーム2/危険な標的(Night Watch) 国連安全保障担当者役
・1996年 TV映画 プリンス・ズナヴァンジェ(Prepoznavanje) イヴァン役
・ 1997年 Puškaza uspavljivanje
・ 1997年 TVミニシリーズ Olujnetišine1895-1995 Vladimir Vidric役
・ 1997年 映画 ウェルカム・トゥ・サラエボ(Welcome to Sarajevo) リスト・ビーヴィック役
・ 1997年 映画 ピースメーカー(The Peacemaker) Bazta Sergeant 役
・ 1998年 TV映画 Teškojerećizbogom  Davor役
・ 1998年 ラウンド モーリス役
・1998年 映画 プラクティカル・マジックPractical Magic ジミー・アンジェロフ役
・ 1998年 ミュージックビデオ マドンナ 「the power of good-bye」
・ 1998年~2008年 TVドラマシリーズ ER 緊急救命室 ルカ・コバッチェ役
・2000年 映画 ノンストップガール( Committed ) ニール役
・ 2001年 映画 ディープ・エンド(The Deep End) アレック・スペラ役
・2001年 映画 最後の陰謀(Posljednja volja)べポ・スタムク役
・2002年 アニメ映画 アイス・エイジ (声) ソト役
・2002年 映画 マインド・ゲート 監禁少女のSOS(Doctor Sleep)マイケル役
・2002年 12月16日のエピソード 
・2002年 TVシリーズ クレイグ・キルボーン(Craig Kilborn)
・2004年 TVシリーズ Dugamračnanoć  Ivan Kolar役
・ 2004年 映画 スパルタカス(Spartacus) スパルタカス役
・2005年 映画 エレクトラ(Elektra) マーク・ミラー役
・ 2005年 TVシリーズ  Dugamračnanoć
・2006年 TVシリーズ  Nasa mala klinika 電話の男
・ 2007年 ミュージックビデオ Unkle – “Burn My Shadow ”
・2009年  ニューヨーク、私はあなたを愛して(2009)
・ 2009年 ヘレン  デイビット・レオネード役
・2009年 TV映画 イレーナ・センドラー 2500人の命のために
The Courageous Heart of Irena Sendler ステファン・ヴィゼムスキ役
・2010年  TVシリーズ ティト  Andrija Hebrang 役
・ 2010年 TVドラマ ザ・ディープ 深海からの脱出(The Deep) サムソン役
・2010年 TVドラマ  レバレッジ 〜詐欺師たちの流儀(Leverage) ダミアン・モロー役
・ 2011年 映画 人生はビギナーズ  アンディ役
・ 2011年 映画 ドラゴン・タトゥーの女(The Girl with the Dragon Tattoo) ドラガン・アルマンスキー役
・ 2011年 TVシリーズ パン・ナム(Pan Am) ニコ役
・ 2011年 K-11
・2012年 TVドラマ Red Widow Christian Schiller役
・2013年 映画 悪の法則(The Counselor) マイケル役
・2014年 映画 ダーク・ハーツ 紅く濡れた裸婦(Dark Hearts) アーマンド役
・2014年 TVドラマ エクスタント(Extant) ジョン・ウッズ役
・2015年 TVドラマ クロッシング・ライン〜ヨーロッパ特別捜査チーム〜(Crossing Lines)マルコ・コンスタンテ役
・2016年 タイムレス(Timeless ) ガルシア・フリン役

かなりの数の作品に出ていますね。

1997年の「ウェルカム・トゥ・サラエボ」で英語ドラマデビューしたのを皮切りに、テロリストに奪われた核兵器を取り戻す軍人と科学者の物語を描いた映画「ピースメーカー」で

ジョージ・クルーニーとの共演をはじめ、次々とアメリカの映画やドラマに登場するようになりました。

ウェルカム・トゥ・サラエボでのボスニア人ドライバーの役がER第6シーズンへと導いたとも言われています。

1999年、アメリカで大人気の医療ドラマの金字塔「ER 緊急救命室」第6シーズンより、

カウンティ病院を去った医師ダグラス・ロスを演じるジョージ・クルーニーと入れ替わりに、ゴランは仲間として加わりました。

引用:instagram

ゴランが演じる医師ルカ・コバッチュは、ゴランと同じクロアチア出身であり、クロアチア紛争では目の前で妻子を亡くすというつらい過去を背負った人物です。

心をかたく閉ざした陰のある反面、患者への苦悩や見え隠れする優しさなどが人々を魅了し、人気を高めていきました。

実は役名「ルカ・コバッチュ」はゴランが考えたもの。撮影に入る前に、脚本家がクロアチアの名前に精通していないから、という理由でキャラクターの名前を考えてくれと頼まれます。

ゴランは甥の名前である「ルカ」と、親友の苗字である「コバッチュ」を組み合わせ、「ルカ・コバッチュ」という名前が誕生しました。

「ER」での出演は1999年から2008年までと計7シーズンにもおよびました。この時期にゴランは本格的にアメリカへ移住します。

当時のクロアチアのニュースサイト「CROWN」インタビューでは、移住について、

「これは一時的なものだと考えているよ。グリーンカードは申請してなくて、僕はまだ就労ビザなんだ。

僕はアメリカとクロアチアを飛行機で通勤してたんだけど、「ER」が決まった時、移動を考えたんだ。撮影が行われている間は毎日仕事だからね」と話しています。

確かに毎日飛行機で通勤するのは大変そうですね!

ゴランとルカは同じクロアチア紛争を体験したという共通点を持っています。

「ルカ・コバッチュは、クロアチア戦争の記憶に悩まされています。彼の思い出はあなたと同じですか?」という質問に、

ゴランは、「幸いなことに、僕は戦争では何も最悪なことは起こらなかったよ。僕の家族や友人は生きています。

でも僕は、いくつかの陰惨な話を知っているから、脚本家はストーリーの中で僕の話を取り入れていたよ」と答えています。

また、エピソードの中で、ゴランはクロアチア語でハムレットの「to be or not to be」の抜粋を朗読し、ハムレットの専門家として培った実績を披露しました。

祖国クロアチアで7年間もハムレットを演じていた彼による「生きるべきか、死ぬべきか」は重みが感じられますね。(※訳は多様にあります)

そして、ノア・ワイリー演じる医師ジョン・カーターとのエピソードで、別のシェイクスピア作品でも反映されたフェンシングのスキルを披露しました。

身長193㎝もある彼のリーチは無敵でしょうね。

「ER」で重要なポジションのキャラクターを長く演じたことで、ゴラン・ヴィシュニックはその知名度を一気に上げました。

2004年、カーク・ダグラスが主演で有名な「スパルタカス(1960年)」がテレビ映画としてリメイクされ、4月18日と19日の2夜連続で放送されました。

ゴランは主人公スパルタカスを演じ、精悍でたくましい剣闘士に扮しました。

剣闘士として戦うシーンでは切り傷だらけになり、特殊な手袋を用意して持ったということです。

「小さいころから剣で戦うシーンなんかを真似していたりしたけど、実際にやるとものすごく怖いものだよ」とコメントしています。

2005年には、マーベル・ヒーロー「デアデビル」のヒロイン、エレクトラを主人公としたスピンオフ映画「エレクトラ」で、少女アビーの父親マーク・ミラーを演じます。

エレクトラは組織からアビーとマークの父娘の暗殺を指示されますが、すでにふたりと親しくなったあとであり、またマークにも恋心が芽生えてしまい葛藤します。

こんなカッコいいお父さんなら、どんな非情な暗殺者でも恋に落ちてしまうの、わかる気がしますね。

2011年には、「サム・サッカー」で注目を浴びたマイク・ミルズ監督の作品、「人生はビギナーズ」で、主人公オリヴァーの父親ハルの恋人「アンディ」を演じます。

美しく若いゲイの青年という役柄は端麗な顔立ちのゴランならではで、新たなファン層も広がりました。

この作品で、ゴランは名優クリストファー・プラマーとユアン・マクレガーとの共演を果たします。

クリストファー・プラマーとはこの後に出演した「ドラゴン・タトゥーの女」でも共演しています。

「人生はビギナーズ」公開と同じ年の2011年、ゴランは映画「ドラゴン・タトゥーの女」に出演します。ゴランが3部作に出演するためのサインをしたといういう話題がニュースになりました。

「ドラゴン・タトゥーの女」ではドラゴンの刺青をした天才女ハッカー・リスベットを雇う探偵事務所オーナーのドラガン・アルマンスキーを演じています。

2013年、イギリスの映画監督リドリー・スコットの映画「悪の法則」に出演します。

脚本は、今作で初の映画脚本挑戦となったピューリッツアー賞作家、コーマック・マッカーシーとの強力タッグ。

共演した俳優たちも、マイケル・ファスペンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ブラッド・ピットなど豪華な顔ぶれです。

作中ではキャメロン・ディアス演じるマルキナの友人であり投資アドバイザーとして登場します。

2012年12月20日の放送を持って、シリーズファイナルとなるタイムトラベル歴史ドラマ「タイムレス」ですが、

継続を強く望む声が絶えない中、2時間枠で放送されることから絶大な人気を誇っていたことが証明されます。

引用:instagram

そんな「タイムレス」に、愛される悪役ガルシア・フリンとしてレギュラー出演しているゴランですが、第5話「The Alamo(アラモの戦い)」において

フリンが実際にスペイン語を話している場面が好きだとコメントしています。

「スペイン語は実際には話せないので、(チャレンジしたことは)大きな収穫になった。
でも僕はうまくやってのけたと思うよ。本当に頑張ったからね。」と満足そう。

「instagramで人々は僕にスペイン語で書き始めたんだ。僕はスペイン語を話せないのにね。彼らはそれを信じてくれずスルーしたんだよ。

彼らは僕が彼らの言語を話すと思ったんだ」とUSATodayにコメントしています。

また、ジェームズ・ボンドの役にノミネートされた4人のファイナリストの1人であり、
最終的に英国の俳優ダニエル・クレイグに敗れてしまいましたが、

もし決まっていれば、アメリカ人ではない3人目のジェームスボンドになるはずでした。

これから先も、もしかすると…もしかするかも知れません。

ゴランのジェームズボンド、観てみたいですね!

ゴランは祖国クロアチアでも数多くのドラマや映画に出演しています。

2004年にはクロアチアのTVシリーズ「Dugamračnanoć」に出演、そして歴史的ドラマ「チト」にアンドリア・ヘブランとして登場しました。

また、ラトビアのリガで撮影された、戦時中のワルシャワでユダヤ人の子供たちを救済する若いポーランド人女性について描かれた歴史的ドラマ「Irena Sendlerの勇敢な心」にも登場しています。

ゴランの活躍を見守るクロアチアでは、2004年に、インターネット雑誌で行われた投票に基づいて、「最高のクロアチア人」に選ばれ、クロチアで認知度の高い新聞”Vecernji list”にも掲載されました。

2005年11月には、クロアチアに拠点を置く映画雑誌「ハリウッド」で人気のある俳優として18位にランクインしています。

また、2005年6月5~11日のテレビガイドで、「テレビのセクシーな男性の一人」とネーミングされました。

やはり、あの色気たっぷりのマスクと193cmの高身長というスペックは、人々を魅了してしまうようです。

引用:instagram

ドラマ「ER」に登場していた時代、雑誌HELLO!のインタビューで、「あなたは今、もっともセクシーな医者として認知されています。どのように感じていますか?」という質問に、ゴランは、

「僕は、セクシーであることやカリスマ性について話すのはあまり好きではありません。僕は、こういった言葉を使うのには恥じらいがあります。

僕は、僕の身体を誇示するために、この職業を選んだわけではないのです。みなさんは、俳優の最たるものは目と声であるという事を忘れています。

他の部分はオープンにする必要性は感じられないな」と答えています。

あまりにも世間が彼のイケメンぶりに騒いでしまったため、ゴランはちょっと窮屈に感じてしまったのかもしれないですね。でも、あの美しさなら仕方ないですね!

ゴランは映画やドラマ以外にも、ミュージックビデオにも登場しています。

1998年に発表されたマドンナの「The Powaer Of Goodbye」にマドンナの恋人役として抜擢されたゴラン。

当時のマドンナのインタビューを見ると、「私はビデオに出演する俳優を探していたんだけど、彼の顔が頭に飛び込んできたの。

あなたは知ってると思うけど、私が一緒に働きたいと思っている俳優のリストがあって、彼もやりたがっていたの。彼ってゴージャスよね」と、ゴランを起用したいきさつを語っています。

あのマドンナを一瞬で虜にするなんて、さすがですね。

マドンナは「THe Powaer Of Goodbye」で彼をフィーチャーした後、彼に「今日働いた人の中で最もセクシーな男」(’the sexiest male working today’)と叫んだそうです。

この歌の歌詞はマドンナ本人も手掛けていますが、マドンナの元夫・俳優のSean Penn
をモデルにしているそうです。

映像の中でマドンナは、熱く深いキスをゴラン演じる恋人と交わします。

身長差があるのでマドンナがとてもか弱く見えますが、マドンナは彼を突き放し、ひとり海へ向かいます。

別れのあとも毅然として立ち進み、再生を試みる強い女性像は、マドンナそのものを象徴していますね。

2007年にはUKアンダーグラウンド・シーンのカリスマ、UNKLEの3枚目のアルバムより、「Burn My Shadow」のミュージックビデオに出演、映像の中で迫真の演技を見せています。

ある朝目覚めたゴラン演じるひとりの男は、胸にタイマー式の装置が装着されていることに気が付きます。
タイマーは刻一刻とカウントダウンを続け、、、

思わず息をのんでストーリーの展開を追ってしまいます。
そして、衝撃のラストへ…!

ゴランのパニックに陥る恐怖の顔から一転して、何かを悟り諦めきった時の表情がなんとも言えません。

「僕は演じるたびに、僕自身の一部を観ている人に捧げることに力を注いでいるんだ」と話していたゴラン。

容姿や身長に関係なく、そこには演劇を夢中で愛し演じ続けてきた役者ゴランの、すべてが垣間見えるようです。

引用:instagram

子供の頃、あなたは俳優になることを夢見ましたか?という質問に、ゴランは、

「僕はテレビ番組、特にSFのファンでした。 僕はバトルスター・ギャラクティカを見て宇宙船の乗組員になりたいと思ったのを覚えています。

それに僕は2つのイギリスの放送を楽しく観ていました。『アロ・アロ』と『ヒッチハイク・ガイド・オブ・ザ・ギャラクシー』です」と答えたゴラン。

子供の頃にスクリーンの中で自由に冒険するキャラクター達に憧れて俳優を目指した彼は、紛争の暗く悲しい経験や、言語の違いといった壁を乗り越え夢を叶えたんですね。

ゴランは、「長い年月をかけて、物質的なものや名声は、遠くから見ていた時ほど魅力的でも素晴らしいものでもないことがわかったよ。

僕は今、人生で1番お金を稼いでいる。僕は望みのままにものを買うことができるけれど、僕が幸せになるためにはそういったもののほとんどが必要ないんだ」とコメントしています。

戦争のない平和な暮らしの中、家族と動物に囲まれて大好きな演技をしている時、それこそがゴランの1番の幸せかもしれませんね。

演技派ゴラン・ヴィシュニックの今後の活動からも目が離せません。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です