エディ・レッドメインのすべてがわかる!最新作「イントゥザスカイ」に主演!身長/ 年齢/妻,子供はいる?おすすめ映画からかっこいいインスタ画像まで紹介

”英国紳士”という言葉があります。なんとなくちょっと渋めなイメージがあるその言葉よりも”紅茶の国の柔らか貴公子”な感じの俳優エディ・レッドメイン。すごくイギリスっぽい、すごく育ちがよさそう…なエディについて調べてみました。

超名門高校、大学出身!エディ・レッドメインの身長や年齢などのwiki的プロフィールまとめ

引用:Instagram

うーん、アールグレイの香りがしそうなほどのイギリスっぽさ。そしてやわらかぁぁいふわっふわのブランケットかのような穏やかさ、好きです。

本名フルネームだとEdward John David Redmayne エドワード・ジョン・デイビッド・レッドメイン。エディというのはエドワードの愛称ですね。

ちなみに父がリチャード、母がパトリシア。

兄がチャールズ(チャーリーと表記されている場合も有り)ジェームズ、弟がトーマス、姉か妹かがわかりませんがアナベルという姉妹もいるようです。

なんか…また”すっごくイギリスっぽい”。全員アニメ「機関車トーマス」のキャラクターにいそうな名前w

引用:Twitter

父が銀行の頭取、兄二人、チャールズは企業家でジェームズは銀行の重役。

エリートの父、優秀な兄弟、そして「美しすぎる母」、これはエディの出演した2007年の映画のタイトルですがw

でも間違いなく美しいでしょうね、母。そうなうと間違いなく美しいであろう姉妹。完璧な両親に完璧な兄弟姉妹、まさに絵に描いたような”イギリスの名門家族”。

ところが実は両親は離婚しており、今は父親の再婚で継母がいるようです。

幼少期から歌う事が好きで所謂”バスルームシンガー”だったエディ、俳優としての経歴も素晴らしいのですが。学歴、これがまた驚き。

引用:http://yajilab.com/news/7094/

なんとエディはイギリスの超名門、王室の方も通うという高校、イートン校出身。

ちなみにエディの誕生日は1982年1月6日で年齢が38才(2020年1月現在)。

なのでウィリアム王子と同級生、ご学友であられるそうです、急にかしこまっちゃいますよねw

エディはイートン校卒業後ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで美術史を専攻してイヴ・クラインが開発した顔料である”黄金よりも高貴な青”、

「インターナショナル・クライン・ブルー」についての論文を書き成績優秀で2003年に卒業しています。

役者としてのプロデビューは2002年の劇「十二夜」、意外と若い頃にデビューしてるんですね。

2005年の劇「山羊…それって…もしかして…シルビア?」では新人賞を受賞しています。

引用:https://www.pinterest.fr/pin/425660602256141078/

身長181㎝で体重76㎏、スタイルも良いエディ。

2008年にはバーバリーのモデルも務めました。

バーバリー、すごく似合う。ラルフ・ローレンとかも似合いそう、ですが特に繋がりはなし。2016年にはプラダの広告キャンペーンに登場して話題になっていました。

バーバリーはイギリス、ラルフ・ローレンはアメリカ、プラダはイタリアのブランドですよね。やっぱりバーバリーが素敵。

引用:Twitter

ちなみに2006年からは映画に出演し始めているのですが、駆け出しの頃ってやっぱり大変なものです。

実はエディは若い頃、しばらくの間俳優のジェイミー・ドーナンと同居していたんです。

ジェイミー・ドーナンといえば映画「フィフティ・シェイズ」シリーズの主演を務めているセクシーな俳優。

この二人にそんな共通点が…この二人の同居とか、もうそれは優しい王子様系とセクシー俺様系の共演…よだれ!よだれが…!

英国王子やセクシーな俳優、それだけでも交遊関係の広さはじゅうぶんわかります。

しかしそれだけではなく、女優のリリー・コリンズやジェニファー・ローレンスとも仲が良いとか。

育ちの良さって人脈に繋がると思います。さすがですよね。

色盲でも美術史を専攻、逆境に負けない強さがある?エディ・レッドメインの性格について

引用:Instagram

ここで驚愕の事実をお伝えします、エディ・レッドメインは”色盲”です。

え!?てなりますよね。美術史を専攻、ましてや”色”についての論文…

実力というか学力というか、もちろん結果も素晴らしい。でもまずはその志というか、逆境で戦おうとする姿勢に尊敬しますよね。

そもそも”名門”の家に生まれて父の背中を見て育ち、兄二人もエリートの道を進んで…今でこそ俳優としてのキャリアも確立てきたわけですが、その道を選ぶって結構デンジャラスw

なんだか意外とアウトロー?なのかなと思います。反骨心があるというか、強いんだなぁって。

そしてこれもまた個人的には意外だったんですが。楽しいというか、ユーモアを感じる発言もされていました。

イギリスのラジオ番組で「りんごは丸ごと食べる、皮も種も。」と語ったエディ。種には毒があるのでは?と突っ込まれ

「解毒剤あるかな?梨が解毒剤になるとか?」とこういうのもなんですがなんとも間の抜けた答えw

育ちのよさから、「趣味は乗馬」と聞いても全く違和感なしのエディ。実は手品とグリーティング・カード作りが趣味。器用なんですね、好きだなぁ。

映画「レ・ミゼラブル」のオーディションでは馬に乗れるか聞かれ「もちろん乗れます」と嘘をついて役を手に入れたようですw

ほら、違和感ないんですよねやっぱりw実際の撮影もなんとかうまくいったようですが監督には怒られたんだとか。

おぼっちゃまのはずなのにアウトローで意外と楽しい性格だと感じます、個人的には人柄で更に好きになりました。

学生時代の”友達”から大切な”彼女”そして結婚して”妻”に…エディ・レッドメインのハートを射止めた女性について

引用:https://www.pinterest.com/pin/188658671868512914/

エディは現在結婚し、二人の子供の父。子育てにも積極的に参加しているそうですし、奥様は実に幸せでしょうそうでしょう。

そんな幸せな女性、妻のお名前はハンナ・バグショー。ご覧の通りラブラブw

馴れ初めはというと…実は二人は学生の頃からの知り合い。エディの学校、イートン校の近くの女子校にハンナが通っており、エディはその女子校のファッションショーのモデルを務めたそうで、その頃から二人は”友達”に。

ずっと”友達”だった二人ですが、2012年から”恋人”としてお付き合いするように。

そして2014年には結婚。お付き合いからはとんとん拍子です、エディはプロポーズする前に彼女の父親に許しを得たそうです、やっぱり育ちのよさでしょうか、正統派です。

一方ハンナは結婚式に30分遅れて登場するというおちゃめっぷりw花嫁しっかりww

実は結構美女との噂があったエディ、2011年頃には女優のキャリー・マリガンと交際していたそうです。

その後テイラー・スウィフトやアマンダ・セイフライドとも噂はあったようですがこれはどちらもただの噂だったみたいですね。

そんなさすがイケメン俳優なエディと見事結婚し、嫁となり幸せになったのが、ハンナ・バグショー。

「一生親友でいれる相手との結婚が一番」とか聞いた事ありますが、まさに!ですねw

現在お二人の間には2016年に生まれた娘と2018年に生まれた息子、二人のお子さんがいます、一姫二太郎ってやつです、ね。どこまでも理想的!

エディ・レッドメインのSNS!インスタやツイターを検索してかっこいい画像や髪型をチェック

引用:Instagram

イケメンで育ちも中身も良しなエディ・レッドメイン、そのキラキラな笑顔がもっと見たくて。かわいいですよね。

インスタやツイッターを検索してみたのですが…インスタ△ツイッター×。

インスタにファンアカウントはありましたが、本人と思われるアカウントはどちらもなし。SNSはやってないのか……

なのでとりあえずファンアカウントから頂戴してきた画像やTwitterで拾ってきた画像でご紹介。

引用:Instagram

高身長で細いエディ。スタイルが良いのでスーツが似合う!そしてこれはエディがモデルを務めていたブランド、バーバリーのスーツのようですね。もうさすがです好きですw

引用:Instagram

こんなメガネ姿も、前髪もいつもと違う感じでこれも魅力的。教授っぽい、教わりたいw

髪色も落ち着いた感じですね、黒髪も意外と似合いそうです。

目の色が綺麗なグリーンなので、やっぱり黒髪も見てみたいです。

引用:Twitter

育ちの良くてかわいいエディに、タバコのイメージはなかったのですが…

Twitterで色々検索してみると、エディ×タバコに萌えてる方が結構いらっしゃいました。これは軍服なところもプラスされて最高の仕上がりにw

引用:Instagram

腹筋が見えてるぅっから!個人的に意外だったのですが、筋肉も結構あるんですよね。やだなぁニヤニヤしちゃうじゃないww

引用:Instagram

長年高級時計ブランドのオメガを愛用しているらしいエディ、2015年にはオメガ アンバサダーに就任した事も話題になりました。

引用:Instagram

これは?私服でしょうか?非の打ち所がないエディ、流石にファッションには期待できないかと思いきや全然そんな事なかった、欠点が見つからない!

着る物は奥さまがチョイスしているそうです、着る人がいいと服のチョイスも楽しそうですよねwおしゃれでもそうでなくても着こなせてしまいそうww

何度も来日経験のあるエディ・レッドメイン、その際の動向について、似てるという声のある日本の芸能人ご紹介

引用:Twitter

2011年、2016年、2018年など何度も日本を訪れているエディ。2016年には来日の際にずっと行ってみたかったと本人が話していた京都に行き、観光を楽しんだようです。

同じく2016年には日本のテレビ「マツコ&有吉の怒り新党」の企画コーナーに登場し青山アナウンサーからインタビューを受けていました、

「前に会った事あるよね?」なんてナンパかな?とも思えるような発言もあったり気さくな感じで話していました。

エディににてるという声のある芸能人をまとめてご紹介します。

俳優の市原隼人、32才。俳優の佐藤隆太、39才。歌手の錦戸亮、35才。アイドルの中島健人、25才。俳優の福士蒼汰、26才。

これは日本人ではありませんが、サッカー選手のフェルナンド・トーレスに似てるという声も。

どうでしょう?結構いるんですが…

引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0099833

個人的には育ちの良さそうな感じで福士蒼汰が好き、ただの好みですすみませんw

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/16/kiji/20181215s00041000416000c.html

佐藤隆太のいたずらっぽい笑顔が似てますかね、年齢的にも佐藤隆太が一番近いですしね。

年齢でいうと、俳優の綾野剛や斎藤工と同じ歳のようです。俳優としてのキャリアも積んできて、でもまだまだこれからも活躍の場を広げていきそうな中堅どころといった感じでしょうか。

ちなみにエディと日本、実は他にもご縁があるようです。

引用:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%95-DVD-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88/dp/B0048WPHVI

1977年の映画「幸せの黄色いハンカチ」のハリウッドリメイク版「イエロー・ハンカチーフ」に出演していました。

2008年に公開されたこの映画はクリステン・スチュワートとウィリアム・ハート、そしてエディによるロード・ムービーのような雰囲気で

高倉健、武田鉄矢、桃井かおりが出演していた日本版とはちょっと違ったところも楽しめるようです。

桃井かおりはハリウッド版にも少し出演しているとか。

エディ・レッドメインの出演作をご紹介。映画やドラマ、おすすめはやっぱり「ファンタスティック・ビースト」?

引用:Instagram

エディ・レッドメインといえば、今はやっぱり映画「ファンタスエィック・ビースト」シリーズでしょうか、

ダニエル・ラドクリフ主演の映画「ハリー・ポッター」シリーズとの繋がりもあったりしてかなりわくわくする映画ですよね!

個人的にもファンタビシリーズ大好きです、ちょっとくたびれたコートを羽織るエディがまた良くてね。

吹き替えを務める声優の宮野真守も良いんですよね。

シリーズ1作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」では”魔法生物学者”であるニュートを演じるエディの動物っぽい”求愛ダンス”も見れちゃいますw

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/342984/

ですがエディ出演作品でいっちばん好きなのは映画「レ・ミゼラブル」。

ミュージカルを元にした映画なのでエディの歌声まで聴けちゃうっ!

主演のヒュー・ジャックマンも最高。そもそも内容が素晴らしい、なんていうかちょっと「心が震える」ってこういう事だなぁ、と。

決して明るく楽しい映画ではなくて、残酷で苦しいシーンもあります。でもただ暗くて悲しいわけでもなくて、”人”が”生きていく”ってこういう事だなぁ、と。

レミゼは本当に良い映画です。

引用:https://news.ameba.jp/entry/20120803-558

他にも先述した2008年の映画「イエロー・ハンカチーフ」や2009年の映画「アンダーテイカー 葬る男と4つの事件」にも出演し、

2011年の映画「マリリン7日間の恋」ではエマ・ワトソンとの濃厚なキスシーンが話題になりました。

2014年の映画「アメイジング・スパイダーマン2」でデイン・デハーンが演じたスパイダーマンの親友で宿敵とも言えるハリー・オズボーン役の候補にもなっていたようです、

惜しくも逃したようですが、悪役エディも見たかったですね。

同じく2014年には映画「ジュピター」で不名誉な賞も受賞していたり…残念な年だったようですね。

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/354826/

2015年の映画「リリーのすべて」では主演を務め、女装姿を披露しました、これが綺麗なんですよね、端正な顔立ち。

作中で惹かれ合っていたヘンリク役のベン・ウィショーとのシーンも男性同士とは思えない違和感のなさのようです。

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/364075/

そしてこれは意外w2015年の映画「きかんしゃトーマス 探せ!!謎の海賊船と失われた宝」では声優としてライアンというキャラクターを演じているそうですし、

2018年の映画「アーリーマン~ダグと仲間のキックオフ!~」でもトム・ヒドルストンと共に声優を務めたそうです、声優豪華かw

テレビドラマへの出演はあまり多くないようですが、2012年のイギリスのドラマ「バードソング」では主演を務めていました

邦題は「愛の記憶はさえずりとともに」です。

アカデミー賞を受賞したエディ・レッドメインの代表作「博士と彼女のセオリー」と最新作「イントゥ・ザ・スカイ」について

引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/350923/

2014年の映画「博士と彼女のセオリー」、エディの代表作を実はまだ観た事ないんですが…ぜひ観たい!

絶対に観る!と決意が固まりましたw

オスカーを受賞したエディの演技…観たいっ。

2018年に亡くなった理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士と彼の元妻であるジェーン・ホーキングの物語。

ALSという体が徐々に動かなくなってしまう難病に侵されながらも愛し合い、結婚し、子どもまで設けた夫婦。難病と闘いながらも研究に打ち込む夫と、それを支える妻。

内容だけでも観たくなってしまう映画。更にエディの演技がすごいらしいんですよ、博士も称賛していたようです。

最後は目だけで演技していたようですが、さすが。天才博士を演じる天才俳優、観たいなぁ。

妻を演じるフェリシティ・ジョーンズもさすがの演技を見せてアカデミー賞にノミネートされていました。

ホーキング博士については、ドラマにもなっておりドラマ「ホーキング」ではベネディクト・カンバーバッチが博士を演じていました。

こっちも気になりますね。ちなみに同じイギリスの俳優である二人は、プライベートでも仲が良いそうですよ、個人的にも二人とも好きですw

引用:https://eiga.com/news/20171129/5/

そしてエディが出演する映画最新作「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」これもまぁなんというか、現実だけどロマン溢れる内容となっているようです。

主演を務めるのはまたもやフェリシティ・ジョーンズ。相棒なんでしょうかね?となるとこの映画もかなり期待できそうです。

公開は2019年ですが、日本では2020年1月に始まったばかり、映画館で観るのも良さそうですね。

当ブログをいつもお読み頂きありがとうございます!

みなさん無料で海外ドラマを視聴する方法をご存知ですか?

海外ドラマを愛する皆様だけに、管理人が実践している方法をこっそりお教え致します!

ご興味のある方はコチラからどうぞ!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA